大阪工業大学校友会
工大会ニュース

大阪工業大学校友会

工大会ニュース

2012年6月16日

60周年記念総会の祝賀会について

60周年記念総会に伴って行われました祝賀会について報告いたします。

□祝賀会次第
 17:00~19:00 大宮西学舎研修センター 5F 会議室D
 1.開  会      司会: 神戸川副会長
 1.会長挨拶          北條会長
 1.来賓祝辞          井上大阪工業大学長 
                 内山学園校友会長
 1.来賓紹介          神戸川副会長
 1.乾  杯          庄司相談役
 1.開  宴          平岡学生支援副部長
 1.大学歌・ 校友の歌
 1.一本締め          山崎相談役
 1.閉  会          平岡学生支援副部長

  北條会長からは、会員並びに来賓の多数の参加への感謝の言葉がありました。井上学長からは大学の現状と将来への展望について話され、卒業生への協力依頼の言葉がありました。内山学園校友会新会長からは、学園校友会と工大校友会の連携強化、学園の発展への貢献について抱負を述べられました。庄司相談役は乾杯の音頭の中で、会員の多数の参加へのお礼と賞賛の言葉を述べられました。山崎相談役(前会長)には、校友会の発展と会員のご多幸を祈念して一本締めをしていただきました。
  なお、宴たけなわの折、坂口学園理事長が駆けつけていただき、ご祝辞を賜りました。懇談の最中のため、会場の隅々までお言葉が行き渡らなかったと懸念されますので、以下にご祝辞を掲載させていただきます。

 「坂口理事長の祝辞」
 [お祝い]
  このたび、60周年を迎えられましたこと、誠におめでとうございます。まずもってお祝いを申し上げます。
 また、本日、記念の懇親会が、300人を超える会員の皆さんとともに、このように盛大に開催されることに心からお慶びを申し上げます。
[工大校友会は60周年]
  今年、設立60周年。60年は人で言えば還暦です。還暦とは干支が一巡し、生まれた年の干支に再び戻ること。「工大校友会」が、もう一度生まれ変わる時を迎えたということかもしれません。次なる60年である『大還暦』に向かう船出の年でもあります。
[学園も90周年]
  常翔学園も、今年、90周年という節目の年です。これまで、各学校のキャンパス整備や奨学金制度充実のための記念募金など、記念事業を実施し、たくさんの方からご協力をいただきました。この場をお借りし、皆様のご支援に対し、お礼を申し上げます。
[学園を取り巻く諸情勢]
  私学を取り巻く環境は、少子化や景気の低迷などにより、さらに厳しい。大幅な定員割れで、存続すら危ぶまれる大学が増加しています。常翔学園としては、おかげさまで定員を確保できています。今や「教育力=就職力」の時代です。就職に力を入れることが、大学生き残りのカギであります。 
[卒業生の活躍が心強い]
  各界での卒業生の活躍は、学園理事長として、たいへん心強く感じています。ご承知のとおり、近年、大変厳しい就職難。全国で活躍されている校友の皆さまの実績による高い評価にも助けられ、各学校とも高い就職率を誇っています。卒業生の活躍が、工大で、常翔学園で、学びたいという多くの学生を集める大きな力になっています。 
[学園の近況]
  すでに、井上学長からお話しのことですので、私からは摂南大学と広島国際大学について、ご報告をいたします。
[摂南大学]
  今春、看護学部を枚方キャンパスに設置。これで7学部13学科の総合大学に発展します。枚方キャンパスには、薬剤師国家試験の合格率で高い実績を持つ「薬学部」があります。薬学部との連携を生かし、「薬に強い」看護師、助産師の育成を目指します。
[広島国際大学]
  来春、開学15周年。来春には、総合リハビリテーション学部の新設をはじめ、7学部10学科で更なる教育改革に着手。『医療系総合大学』として、さらに発展します。 
[学園の将来構想]
  学園の設置学校が、社会のニーズに応え、さらに進化を目指しています。この進化も、学園の長い歴史の中で、培われてきたものです。学園創立90周年と、一口に申し上げましたが、この間、学園を発展させてきた先人たちの苦労は、並大抵ではありません。我々はこの学園をどのように発展させ、次の世代にどのように引き継ぐのかを考えなければなりません。その一つに、大阪中心部へのキャンパスの拡張があります。すでに協議を進めており、間もなく構想が具現化します。この構想が、学園の「四位一体」の構成員の夢を広げ、次世代プロジェクトとなることに期待しています。
[御礼]
  今日は、本当にたくさんの方にお集まりいただきましたが、「大阪工業大学校友会」が、70年そして100周年へと、ますます発展されますことを、ご祈念申し上げ、私のお祝いの言葉といたします。
 ありがとうございました。

写真は左上から、
祝賀会式次第、     祝賀会横断幕、
北條会長の挨拶、    井上学長の祝辞、
内山学園校友会長の祝辞、庄司相談役の乾杯、
超満員の会場風景、   大学歌・校友の歌合唱、
坂口理事長の祝辞、   山崎相談役の一本締め 

〒535-0003 大阪市旭区中宮5-16-29 Tel:(06)6955-6662 Fax:(06)6955-1412
このサイトへのご意見はinfo@koudai-kai.jpまでお願い致します。